スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPのお話し

今日は、久振りに内外情勢の講演会に出席して来ました。

今日の講師は時事通信社の経済部の境部長という方だった。

TPP(Trans-Pacific Partnership)の話なんて、つまんな~いと思いながら会場に行くと(

意外にも??席がいっぱい!!今日は、昼飯食いに来たのに・・・)

 でも、ことのほか解りやすいお話しでしたのでここにご報告いたします。。

皆さん、TPPの話を系統だって聞いたこと無いと思います。私も勿論そうでした。。。

だって、NEWSでもなにがなんだか?最近はオリンピックでそんな話もトンと無くなった。

というのも、TPPの交渉自体秘密裏に行われるもので、協定文章案は印刷したものも無く、

各国がインターネットサイトから、パスワード入力して見るものなんだそうです。

ページにして600数十ページ、発行4年間は秘匿性があり、絶対漏らさないのが交渉ルールなのだそうで

だから、マスコミにも真の情報は一切流れないそうです。。。。

境氏によると、結果的に今回日本が参加表明したのは、絶妙なタイミングだったそうで、すでに2年半前から

加盟各国の交渉が始まっているが、結局はあんまり何も決まっていない。。。

というのは、やっぱりアメリカに対抗できる国は、日本ぐらいのもので、ちまちまと交渉をしてきた豪、NZ

などの交渉では、重要な部分は決まっていないそうで、日本の加入によって、むしろアメリカの独断が阻止されるので

他の国も大歓迎だそうです。アメリカは、何とか本年度中に交渉を妥結させたい意向があるが、それは無理・・・・

日本が、先に加入したことによって、韓国、中国も加入せざるを得なくなり、結果的に先に入った日本が断然有利

な立場になるそうです。

ということで、情報がないから、TPPデマも結構多く、例えば

・国民皆保険は崩壊する?・・・・・交渉は民間保険の話なので、政府管掌保険は関係ない世界

・ISDS(投資家・国家間紛争解決手続き)条項で莫大な賠償を支払わされる。・・・・先進国の法体系ではありえない。

・公共工事を外国企業に持っていかれる?・・・・企業競争なのでたとえ参入できてもコストバランスを企業は考える。

・安い農産物が流入したり国際価格高騰で食糧を買えなくなる?・・・・¥57/Kgの米を、日本人は絶対食べない。

   食糧輸出が出来なくなる、相手国の方が困ってしまう。

等、デマ情報が多すぎる。

ただ、やはり焦点は日本の農業関税

①コメ②麦③牛肉・豚肉④乳製品⑤砂糖等

をどう守るかだが、⑤はこれが無くなると、沖縄の農業が無くなるので、国にとっては重要なことではないが、

沖縄の負担増は政治的に困難なので、これだけは死守するが、他は、妥協せざるを得ない。

アメリカのアキレス腱は自動車・・・日本が買わないのは、日本に関税があるからだとアメリカは思っているのは

大間違い、現状アメリカ15%に対し、日本0%(アメ車が悪いから買わないことを、まだ理解出来ていない!!)

その他にも、アメリカだっていっぱい保護政策をやっている。

 結論、交渉事に例外が付くのは当たり前!!

だから、今回日本のイニシャチィブでかなりのことが有利に決められそうである。。。

ということであった。

初めて、TPPの話を系統だって聞けたので、何となく理解できた
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。