土地の有効活用

昨日は、土地の有効活用についてお客さんのご相談があった。

以前から、まとまった土地をご所有なのでアパート・マンション業者は皆さん日参しているのだが、

オーナーは、そこら中の空室を見ておられるので、一般者向けの住宅は嫌なのだと言う。

すでに、他の業者が高齢者向け専用住宅を提案してきて、それには前向きな姿勢なのである。。。。

私は、FPとして実に残念な気持ちでいっぱいである。。。。

我々は、常にお客さんの立場でものを考えている。いわゆるお客さん目線なのである。。

しかし、提案してくる業者は違う!

もちろんお客さんの為にはなるのであろうが、様は自分たちの利益が最優先である!

 私は、今回のご相談者は、本来この様な投資をすべきでないことを確信している。

なぜならば、リスクを冒してまで投資をしなくとも、個人、会社共充分経済収支が成り立っているからである。

でも、所有土地をそのまま寝かせているのは、もったいないとオーナーは考える。

なぜ、その土地がずっと残っているかの理由をオーナーは考えない!

私の考えでは、その土地は住居系にするしかない土地、そこに無理やり提案を持ってくる業者。

むしろ、その土地を活用するのではなく、その土地を手放して、新しい事業用に適した土地を活用した方が

いいのである。

でも、オーナーは先祖代々の土地は手放せないと・・・・・・・

なかなか私の主張が理解してもらえないもどかしさを感じる。。。。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR